40代素人フットサラーの挑戦

フットサルに関して40代素人が感じる喜び、苦悩、葛藤、発見を綴っていくブログです。

一度もサッカー部に所属した事なく趣味でサッカーを続けてます。
近年はほとんどフットサルをしております。
ダラダラと続けておりましたが、30代後半に差しかかった時、
残り時間が少ない事に気づき真剣にフットサルに取り組み始めました。

こんにちは。

今回は
前回に引き続きフットサルの動き方について
書いていこうと思います。

いやーもう寒いですね。
朝か夜にフットサルするには長袖が必要ですよ。
寒い季節は怪我が増えるので皆さんも怪我には
十分に気をつけて楽しみましょう!

で、前回の続きです。
チーム練習はやっぱり大変ですよね。
ほとんどのチームが寄せ集めだと思いますし、
エンジョイ志向で戦術練習はやらないと思います。
(勿論、できる環境ならやった方がいいです!)

じゃあどうするのか?
前回挙げたパラレラ、ジャゴナウを実践する。
これは悪くないと思います。
出し手の意識も必要となりますが、
敵を自分が引き付けるもしくはフリーになる事で
チャンスは生まれるので勝手にやっても
マイナスになる事はないと私は考えます。


でも、
「パラレラとかジャゴナウとかハードル高いよ」
「もっと解かり易くて簡単なのがいい」
そんな声が聞こえてきます。
解かりますよ。ずっと私も悩んできました。
何が正しくて悪い動きなのか。。。
答えから言えば正解はないんです。

チームで決め事があればそれが正解ですが、
我々の様な無監督エンジョイに正解はありません。
そこを心にまず留めてから話をすすめましょう。
要はあなたの考えは正解であり間違いなのです。
ここがスタートなんです。

動き方というのは結局シンプルに

「ボールを出したら動く、
そして空いたスペースにボールを動かす、
その空いたところにフォローに入る。」

これの繰り返しなんです。
私の簡単なイメージ図は以下です。
image

Bが最初のボール保持者でAにパスした後、
縦もしくは斜めに抜ける事で
Bがフリーになる、
もしくは敵を引き付ける事になります。
ここにすごく意味があります。

パスの後Bがもし動かなければ
Aはだいぶ窮屈になります。
まあ個人技があれば打開できますし、
ゴレイロを使うという選択肢もありますが、
今は動きにフォーカスし話を進めていきましょう。

このBが縦もしくは斜めに抜ける事で
結果的にはパラレラ、ジャゴナウと一緒になります。
ここにパスを出せなくとも
Aはボールを保持してBがいた位置にボールを動かし
CがAのいた位置まで下りてくる事で、
Bがボールを出した時と全く同じ状況を作れます。

「フォーメーションが違う」とか、
「状況が違ったらどうする?」とか、
「そんな毎回動いたら疲れる」とか、
解かります。よく解ります。

毎回動けとは言いません。
そしてトップスピードである必要もないんです。
しかし、
どこかで攻撃のスイッチを入れる必要があります。
それがシンプルにパス後に動くという事なのです。
そして動く事でスペースが生まれる。
相手がさぼれば自分がフリーになる。
割と単純なんです。

皆さんのチームはどうでしょう?
後ろでのパス回しが横ばかりになってませんか?
うまい人に頼ってパスしてませんか?
パスの後そのまま止まってませんか?
ボール保持者が動いた時フォローに下りてますか?

パラレラ、ジャゴナウ結構ですよ。
でもパスした後に動く、スペースを作る。
抜けたところにフォローに入る。
この単純な動き、これでだいぶ変わると思います。

しかもアドバイスもしやすいですよね?
「パスの後抜けた方が助かるよ」とか
「俺がボール動かした時フォロー入って」とか
「相手引っ張ってスペース作って」とか
どうですか?誰も傷つきませんよね?
そして自分の考えてる事も伝えられる。

まあこれも私の一つの考えとして聞いて下さい。
ただ、意識の共有だけでも違いますよね?
練習を伴わずだいぶ簡単に伝えられます。

あとは動きじゃないですけど、
1対1で抜かれたら追いかけるも重要だと思います。
要は1対1ですよね。
基本1対1の勝負の気持ちが重要かと思います。

いやー長々語ってしまいました。
皆さんはどうですか?
動き方とか普段考えてますか?
パス後抜ける 是非お試し下さい。



こんにちは。

今回は
フットサル中の動き方について
書いて行こうと思います。

もうすっかり涼しくなってきましたね。
昼やるには丁度いいですが、夜だと寒いくらいです。
こんなご時世、風邪には十分気をつけましょう。
(毎回この手の挨拶から始まりますね笑)

今回はフットサルの動き方ですよ。
正直言えば私も解かりません。
とは言え情報は溢れていて有名なところで言えば、
エイト、クワトロ、エル等ありますよね。
(エイトはこんな感じです)


上記は戦術的な動きとなりますが、
もっと簡単なところで言えば、
パラレラ、ジャゴナウ等もありますよね。
ここら辺は意識すればだいぶ実践でも使えます。
(パラレラはこんな感じです)


先に挙げたエイト、クワトロ、エルは
周りの理解が必要となります。
必然的に全員での練習で理解の向上が必要です。
対してパラレラ、ジャゴナウは
個人で動く事が可能です。
(勿論パスの出し手の理解が必要となりますが)

まあ何が言いたいかと言えば、
エイト等はチーム練習が必要となります。
最悪しないまでも全員同じ動画を見て
同じ意識が必要となります。
ただ、効果は絶大で動きがバッチリハマれば、
全員サッカー経験者の強いチームにも勝てます!

サッカー選手がフットサルでフットサル選手に
勝てない理由がここにあります。
フットサルにおいて動きは一番重要です。
Fリーガーでも最初チームに入った時に
動きを覚えるのに相当苦労する様です。
得意の足技も慣れるまでは全然でないとの事です。

つまりは
「プロになる様な人間でも動きの理解は難しい」
こういう事がフットサルでは言えます。
勿論理解した上で自分の技術を出せるのが
Fリーガーであり日本代表となります。

正直なところどうですか?
皆さんのチームに監督はいますか?
例えば監督がいる様なチームであれば練習、
戦術理解を浸透させる事は可能でしょう。

ただ私のチームそうですが、監督不在で、
素人玄人若い年寄のチームはどうでしょう?
無理ですよね?
皆ゲームしに来てて小難しい練習しに大切な休日を
使わない訳ですよ。

じゃあやりたい奴だけで練習して強くなろう!
そういう考えになった事ありませんか?
ただ、人数が揃わなければ、
フットサルの活動自体継続できません。
本当に来てくれるだけでも感謝なんですよ。

でもむかつきますよね。
たまに大会出たりとか、
たまに活動する経験者チームに
いとも簡単に敗北する。
腸煮えくりかえりますよ。
こっちとら週に1回コツコツやってるのに。

そこに対抗するのが動き方だと思います。
所謂エイト等の戦術的動き方ではなくて、
もっと簡単な意識で改善できるものがあります。
先述したパラレラ、ジャゴナウ等もありますが、
簡単に全員意識できる事です。

ちょっと長くなったので次回に続きます。
次回は動き方でも個人の意識で改善できる事
について書いて行こうと思います。
次回投稿を少々お待ち下さい。




こんにちは。

今回は
18年半というとてつもない長い期間放送された
やべっちFCについて書いて行こうと思います。

いきなり寒くなってきましたね。
フットサルには良い気候ですが、
これから乾燥の時期なんでコロナも増えますよね。
皆さんも体には十分気をつけて
フットサルライフを送って下さい。

で、やべっちFCですよ。
とうとう終わってしまいましたね。
実は毎回録画してました。
なので10/4から放送がなくなって寂しい限りです。

年末のフットサル対決とか楽しみにしてました。
それにFリーグも試合結果だけですが、
放映してたりもして貢献度は高かったと思います。

深夜帯の放送でありながら、
ちゃんと子供や女性の層にむけても放送した点
なんかも非常に評価できます。
私の妻なんかもサッカーに興味ないですけど、
デジッチのファンだったりします。

他サッカー番組としては
スーパーサッカーも大変長い間放送してますが、
今は時間帯がド深夜ですよね。内容も試合結果と
対談とかがメインの大人な番組です。
フットブレインもありますが、
こちらは試合結果とかは放送しない、
サッカーを違った目線で切り取った番組ですよね。

両番組とも素晴らしいのですが、
やはりバランスとか日曜夜の放送とか色々考えても
唯一無二の存在だったのではないでしょうか?
だから尚の事寂しいですよね。

本当の事情は知りませんが、テレ朝で
アジアカップ独占放映権が今回獲得できなかった
らしくそれが原因となり終了の運びとなった様です。
(あくまでYahoo newsの情報です)

確かに視聴率、スポンサー、制作サイド
全て噛み合っての番組制作だと理解してますが、
多少不採算であったり自社放送イベント応援番組に
ならずとも継続して貰いたかったですね。
可能なのかどうか解りませんが、
Jリーグがスポンサーするという様な事があっても
全然良かった様に思えます。

いくらYoutubeがすごいといっても
TVの視聴者数にはまだ全然及ばないらしいです。
オワコンなんて言われてますが、
まだまだ影響力があるという証明です。

その貴重な民放放送そして
子供達もギリギリ見れる時間帯、
やはり将来に見込めるサッカー人口に与える影響は
計り知れないと思います。だからこそこの良番組を
局、協会なりで残せなかったんですかね?
それこそYoutubeでもAbemaでもコンテンツだけ
移行できたと思うんですけど。

まあ終了したので今更何もできる事はありません。
できる事はまたサッカー番組がどこかの局で
新たに始まる事を期待して待つくらいですね。

フットサルが競技人口の割に人気がでないのは
TV放送がないのが一つ原因だと思います。
試合を流せというよりもフットサルバラエティーが
深夜でもいいので始まると全然違うと思います。
それこそFリーグは大枚はたいても
スポンサーすべきだと思います。

既にFの頂で証明された事が幾つもあって
素人チームの天皇杯挑戦が大人気となりました。
だからAbemaでもYoutubeでもいいので
何か継続性のあるフットサル番組が始まる事も
私は願っております。

最後少し脱線しましたが、
矢部さん長きに渡り番組お疲れ様でした。
サッカー界のみならずフットサル界にも
多大なご貢献されたと確信しております。
また矢部さんMCのサッカー番組が
開始される事を祈っております。

下の動画は那須大亮さんのチャンネルより
やべっちFC終了にあたり作成された動画です。



皆さんはどうですか?
やべっちFC見てましたか?
本当にフットサル番組できて欲しいですよね?


こんにちは。

今回は
6人制フットサルについて
書いて行こうと思います。

すっかり涼しくなって季節は秋ですね。
フットサルにはいい時期になりました。ただ、
冬になるとコロナもまた増えてきそうですね。
皆さんは如何ですか?
コロナ対応しながらフットサルしてますか?

今回は素人界ではあるあるの
6人制(6:6)のフットサルについてです。

まあ、よくありますよね。
一人休ませろって話なんですが、
全員出そうとか、集まった人数が多いとか、
子供もしくは女子を入れてやろうとか、
あるあるシチュエーションじゃないでしょうか?

6人制ってどうですかね?
ハッキリ言って5人制とは別物だといいきれます。
というのもコートが狭くなるからです。
当たり前だろという声が聞こえてきそうですが、
人口密度というのが狭いコートだとキーになります。

例えばソサイチですが、
7人でやっても8人でやっても十分広いですよね。
7人でやったら結構大変です。
ゴレイロ1、フィルード6で
フットサルコート3面分の広さでプレーですから。

基本的にフットサルでもソサイチでも適正人数なら
狭さは感じない様になってます。
*純粋にコートが狭い場合を除く
従って一人増えるだけで急激に狭さを感じます。
*ソサイチも9でプレーしたら狭い

ここから私の私見ですが、
下記に6人制のメリット、デメリットを
挙げたいと思います。

メリット
- 人数をさばける
やっぱり12人集まったら4x3でやるか、
6x2でやるかになりますよね?
年齢を考えると6x2が現実的ですよね。

- 試合が均衡する
チーム分けである程度実力差ありそうでも
結構いい試合になるんですよね。
それもそのはずで一人増えると自然と
中央が分厚くなり点が入りにくくなります。

- 運動量が5人制ほどいらない
若者vs年寄りでやる時なんかは
これがいいかもしれません。
また女子や子供がいる時もいいですよね。
それこそ5:6でやってもいいですが、
結構1人分ってきついですよね。

- ゴール前にアイディアが必要
やはり点獲るのが難しくなるので、
3:3でどう点をとるか?とか
人数ギャップのあまりない中でどう打開して
点をとるのか?という練習になります。

デメリット
- 逆に休憩がなくなる
体力は千差万別です。ですので休み休みやりたい方、
ずっとプレーしたい方といます。
6:6で出ずっぱりという状況もまあまああります。

- 5:5の練習にはあまりならない
やはりスペースを使う、スペースを作るのが
フットサルの醍醐味であり神髄だと思います。
人数を減らしての練習は理解できますが、
これは真逆を行っているので練習としては
どうでしょうかね?

- 動きのある人間が割を食ってしまう
ここが一番可哀そうかなと思いますね。
私がやってる感じだと逆にあまり動かない方が
6人制はうまくいきますね。
動いてもスペースを作るのが難しい上に
出し手も敵が多いのでパス出しが難しいです。

- シュート機会の喪失
これはデメリットかどうかは考え方ですが、
人数が多いので必然的にミドルシュートが減ります。
メリットで述べた様にアイディアが必要となるので
それを練習と捉えるのか?それとも
シュートを打つ機会が減る事が練習とならないと
捉えるかの違いとなります。

すいません、今回は動画リンクも張らずに
長々と久々に語ってしまいました。
6人制もいいなと思いますが、
個人的には断然5人派です。

やはりそれに向けて練習しているので、
感覚をそこにあわせたいのが本音です。
ただ、どんな環境下でも自分の力を出すのが
実力だと思うので、本質をしっかり捉えて
対応していきたいですね。

皆さんはどうですか?
6人制やってますか?
その時何を考えてプレーしてます?



こんにちは。

今回は
私が行っているストレッチについて
書いて行こうと思います。

前回フットサルを復活したという話をしましたが、
いやーやっぱりいいですね、フットサルは。
ただまだまだ体力が落ちているので、
まずはここを戻したいですね。

皆さんも健康には気をつけて
くれぐれも無理せず健康第一で
フットサルを継続して行きましょう!

健康にも関わりありますが、
ストレッチについて書いて行きます。
私は毎日とは言いませんが、
風呂上がりはだいたいストレッチしてます。

以前の記事をご覧の方はご存知かもしれませんが、
フットサル前日の夜は必ずストレッチします。
*当日はしません、ドリブルでアップします。
だいたい週5くらいはしてますかね。

私はオガトレさんの動画を見ながらやってます。
その中でも私のお勧め3つをご紹介します。



これはお風呂上り、フットサル後にいいですね。
私もよくやってます。時間が短いのもいいですね。
サッカー、フットサル後はお尻、ハムストリングを
重点的に行って下さい。



これはフットサル前日にやってます。
少し長いですが、全身できるのでお勧めです。



さりげなく開脚できる様になりたいと思ってます。
なかなかできないんですけど、フットサルやる上で
下半身の柔軟性重要だと思います。

オガトレさんの紹介記事みたいになりましたが、
皆さんはどうですか?
ストレッチしてますか?
特にフットサル後は重要だと思いますので、
よろしければ参考にしてみて下さい。



このページのトップヘ